2020.04.24

衣装でよく使用されるキラキラ系素材

衣服はその時代毎にトレンドとなる素材や柄などがあります。
撮影映えするキラキラ素材は上品な光沢感を演出出来る為人気もありますが、
耐久性に弱いというデメリットもあります。
このページでは、キラキラ素材の其々の特徴や魅力についてご紹介していきます。

衣装にはどうしても華やかさを出すため生地に特徴のあるものを使用することも多くあります。
特に注意が必要なのはメタリック系の素材です。
ゴールドやシルバーなど色ではない光沢なものは
ラメ糸が使ってあるタイプとコーティングしてあるタイプがありますが
どちらも 生地としては弱点があります。
ラメ系の糸が使ってあるものはラメ糸自体が弱いですしほつれたりもしやすいです。
またメタリック系のコーティング素材ははがれたり、色褪せたり、
変色の原因になるものがほとんどです。
また、汗と化学反応する物質も多く含まれているため
シルバーだったものがステージで汗をかいてそれがしみついて真っ黒になった
などという素材や
摩擦によりその部分の色が剥げてしまったり光沢がなくなったりということもあります。
スパンコール生地については衣装に良く使うスパンフィルム
フィルム自体が熱によってはがれやすいですので
まずアイロンがかけられないことややはりこちらも汗などによって粘着力が弱まり
スパンフィルムがところどころ取れてしまうなどということがあります。
本物のスパンコール素材の場合は
重量感が出ることとスパンコール自体を糸で縫い付けてありますので 
スパンコールがはずれるとぼろぼろと連鎖ではずれる場合があったりスパンコールが割れたり折れたりなどということがあります。

衣装にとってはとても大事な派手さを出すための素材には
デメリットがつきものです。

長期にわたって使用する場合の衣装は
汗の多く出るシチュエーションの場合には向かないということになります。

撮影映えする生地

メリットと言えば、やはり撮影映えする生地ということでしょう。
素材が派手なので、取り入れることで煌びやさと華やかさが出てきます。

衣装製作の際には、こういった生地のメリット、デメリットも合わせて
ご相談させていただきます(*´ω`)
「こういう生地ってどうなんだろう?」と疑問に思ったら
素敵な衣装を作る為に一緒に考えさせていただければ幸いです♬

オーダーメイドの衣装のご相談、質問はこちらから☜