2020.04.09

クオリティをあげたい!自宅でコスプレ 気軽に盛り!モリ!宅コス撮影

自宅で自粛するなら好きなことをして楽しみたい!

そんな方におすすめなのが、
おうちで撮影する「宅コス」。

だけど家で撮ると蛍光灯の青っぽい暗い写真になるのでは…と思いきや、違うんです!!
自撮りでも撮り合いでも、少しの工夫を加えるだけで自宅写真がスタジオ撮りみたいな写真になることが出来ます!
カメラは一眼レフでもミラーレスでもスマホでもOK!
自分が使いやすいカメラならなんでも大丈夫なので、
まずは手元にあるカメラでチャレンジしてみよう!

自宅でコスプレ<準備編>

できればあると良い物
▶リモコン・三脚
さらにあると便利な物
▶照明機材
専用機材がなくても、まずはデスク用ライトや懐中電灯でも代用可能。
慣れてきて物足りなくなったら LEDやストロボへステップアップしよう。

自宅でコスプレ<場所編>

宅コスで大変なのが場所の用意。
全身写真を撮ろうと思うと一部屋綺麗に片付けなくちゃいけないけど、
バストアップの写真だけに限定すれば、たったこれだけの壁があれば撮影は可能!
靴も要らないから動きやすいし、衣装によってはボトムも私服で OK、周りの物をのけるだけで撮影スタートできちゃいます。
背景に雰囲気付けたいなら、壁に白い布を貼ればも撮影できます!

自宅でコスプレ<場所編>白壁バックで白ホリ風

まずはおうちで白ホリ風撮影をしてみよう。
ポイントは背景に物の存在と生活感を感じさせないこと。
だけど、もし壁紙やカーテンが気になる場合は壁から距離を置いて撮影するか、ストロボなどの強い光で飛ばしてしまおう。
ここでは、汚れや普段見慣れた壁紙の質感を見せないようにするのがポイント。
ストロボが使える場合、適当でいいので何か台やクッションに乗せて、
壁に向けて光を飛ばせば壁が白く飛ばすことが出来ます(^^♪是非飛ばしてみてね!
補助光なし、自宅照明だけで撮る場合、光は上方向(または窓)からに限定されてしまう。
必ず顔を光の方向に向けましょう。自撮りと同じ感覚で大丈夫(*´▽`*)

自宅でコスプレ<場所編>シート・カーテンを利用しよう

壁は白くないし、照明機材もないし…という人は、
シンプルなもので背景を作ってしまう方法がおすすめ。
両手を広げたくらいの幅の背景さえあれば
バスト アップ撮影は可能なので、壁が嫌なら好きな布で隠してしまおう。
布でOKだけど、カーテンをそのまま使うと「カーテンっぽいひだ」が気になってしまうから、
ピンと張るか違うドレープを作るなどしてカーテンから発生する生活感を消して撮影してみよう。
吊り下げたり留める場所があるおうちなら、背景が印刷された大型の壁紙パネルやバックペーパー(布)を利用するのも手。
このタイプの物なら全身撮影できちゃいます。


是非工夫を凝らしてみて、宅コス撮影を楽しみましょう(*´▽`*)
#カメラ #宅コス #自宅でコスプレ #コスプレ