2020.04.22

コスプレメイク初心者講座】~準備編~基礎知識・メイク道具の選び方・揃え方

普段と違う自分や、好きなキャラクターになりきれるコスプレメイク。 キャラクターに似せるポイントや基本のメイク方法を覚えれば、初めてでもクオリティの高いコスプレをすることは可能です! 今回は初めてコスプレメイクをする人に向けて、必要な道具や準備、メイクのポイントをまとめてご紹介します。

【初心者さん向け】コスプレメイクのポイント

コスプレメイクと普段メイクの違い

同じメイクでも普段メイクとコスプレメイクには大きな違いがあります。
普段メイクは、自分をより良く綺麗に見せるために行うもの。
対してコスプレメイクは自分以外の人=キャラクターになりきり、そのキャラクターに近づけることがメイクの目的となります。
当たり前のことですが、2つの違いを念頭に置いておくと、普段はナチュラルメイク派の方でも思い切ってコスプレメイクを楽しめます。

写真に撮られることを意識する

コスプレをする理由は人それぞれですが、ほとんどの場合はコスプレイベントで披露したり写真に収めることを目的としているのではないでしょうか。
そのため、キャラクターに近づけることにプラスして写真映りも考慮してメイクを完成させると、クオリティの高い仕上がりとなります。
特に目元は、鏡で見た時にはっきりしていても写真を撮るといまいち輪郭がぼやけて見えることもあります。
カメラのレンズを通して、実際に自撮りしたりしてバランスを確かめましょう。

普段しているメイクの常識は一旦捨ててOK
コスプレメイクはキャラクターになるべく寄せていくことが大切なので、
普段自分が行っている「自分を可愛く見せるメイク」の常識は一旦手放しましょう。
キャラクターの瞳や髪色に合わせたアイメイク
・肌色を再現する明るめor暗めのファンデーション

などを駆使することでリアルな2.5次元コスプレメイクが完成します。

まずは自分に似合うキャラクターから始めてみよう

初めてコスプレメイクをするなら、まずは自分と雰囲気が似ていると思うキャラクターや同性で背丈や体系が同じくらいのキャラクターを選んでみましょう。
特に身長は厚底靴で高く見せることは出来ても、低く見せるのは中々大変です。
男性が女の子キャラ、女性が男性キャラ(男装)をすることもできますが、性別を超えるのは少しコツが必要なため同性キャラで慣れてから挑戦するのがおすすめです。

落ちにくく高発色のコスメを使う

使用するコスメの揃え方についてはこの記事の下で詳しく説明していますので参考にしてみてください。
全体的にコスメを選ぶときは落ちにくさを重視して選びましょう。
コスプレイベントの会場は人がとても多くメイク直しをするのも一苦労です。
トイレも混むのでメイク直しの手間がかからないようにしておくと、当日安心して楽しめます。
さらに室内・室外問わずどこで撮影された時にも綺麗に映るよう、発色がくすまず長時間鮮やかに見えるものがベストです。
コスプレショップなどで専用のコスメを購入できるのでチェックしておきましょう。

コスプレメイク初心者講座~準備編~

キャラクター選び・資料を複数集める

まずはキャラクター選びから始めましょう。
イベント会場に行く場合はその時流行しているアニメのキャラクターを選ぶと、同じアニメ好きのレイヤーさんに出会えます。
好きなキャラクターならマイナーでももちろんOK!
キャラクターが決まったら、静止画や動画の資料をたくさん集めましょう。
画像によっては髪色や表情微妙に違うこともあるため、資料があるほど仕上がりのイメージを掴みやすくなります。

衣装・ウィッグをそろえる

次に衣装とウィッグを調達します。
全体のバランスはこの2つで完成するため、メイク道具はこの後に揃えましょう。
ウィッグを先に選ぶことで、統一感を考えながらメイク道具を購入出来ます。
衣装についてはコスミントでオーダーメイドでオリジナル衣装、コスプレ衣装(造形モノから小道具など)
製作出来ます(*'▽')。
オーダーについて相談については、
こちらからポチっとよろしくお願いします\(^o^)/

メイク道具を一式そろえる

メイク道具は最低限必要なものと、あると便利なものに分けられます。
今後もコスプレをする予定ならまずは必要なアイテムをそろえておくと便利です。
もちろん手持ちのコスメを代用できる場合もあるので、すべてコスプレ専用コスメではなくてもOKです。

コスプレメイクの道具をそろえよう
最低限必要なメイク道具
【ベースメイク用】化粧下地・ファンデーション・コンシーラー・フェイスパウダー
【輪郭用】シェーディング&ハイライト
【アイメイク用】カラコン・アイライナー(黒)・アイシャドウ・(つけまつげ)
【アイブロウ用】ペンシルアイブロウ・(眉消し用コンシーラー)

普段メイクをしない方は、クレンジング(メイクが濃いためオイルタイプがおすすめ)も用意しておきましょう。

最低限これらのアイテムが揃っていればOKです。
カッコ内のものはキャラクターによって変わりますが、あるとクオリティが上がります。
特にアイライナーは見栄えを考慮してブラックのものがおすすめ。

あると便利なメイク道具

コントロールカラー
メイク落ち防止ミスト(コーティングミスト)
鼻プチ
多色 アイシャドウパレット
フェイスカラーパレット
カラーアイライナー
カラーマスカラ
白肌or黒肌クリーム
フェイステープ テーピング
メイクブラシセット
ウォータープルーフのアイプチ

メイク道具は、コスプレしたいキャラクターによって必要なものが変わってくるため、挙げるとキリがありません。
全てを揃えるのはとても大変なので、使いたいものだけをプチプラショップで購入しましょう。

コスプレ用のメイク道具は種類が多く、全部集めようとするとコストが掛かってしまいます。
まずは必要最低限のものから購入し、コスプレしたいキャラクターに合わせてちょっとずつ増やしていきましょう。
コスプレメイクを覚え、オーダーメイドのコスプレ衣装を着れば理想のキャラや人物になれます!

コスミントのオーダー衣装製作ならご希望のデザインでオリジナルコスプレをオーダーしていただけるのはもちろん、
サイズもご自身に合わせた衣装をお作り致します。
他の方と差をつけたい、自分だけのオリジナルコスチュームでイベントに参加したい等、様々なご要望にお応えいたします。

オーダーフォームはこちら↓
。。
メイクのポイントもチェックしながらぜひコスプレライフを楽しんで下さいね!

次回はテクニック編をあげようと思います\(^o^)/
良かったら次も観てみてね!